美容効果の知識と後姿

美容で気をつけるものとは

トップ / 美容で気をつけるものとは

中から外から毎日美容のために

私は昔から乾燥肌で、ニキビには悩んだことこそないですが、すぐに肌が乾燥するので年中化粧水、乳液が欠かせません。特に高い化粧品でお手入れすることはないのですが、洗顔したあとに、化粧水、乳液を朝晩丁寧につけてとにかく保湿をこころがけています。そして、高い化粧品を使うよりいいものを食べる、飲むということが美容に一番効果的と信じて、栄養バランスを考えた食事をとっています。肉、魚、野菜、果物をまんべんなく。油もオリーブオイルなど体にいいものを適量とります。運動もしています。といっても歩いたり、ジムのマシーンで三十分くらい走ったりを週二〜三回程度ですが。どれが美容効果があるのかはわかりませんが、いまのところ二十四時間もちもち肌で過ごすことが出来ています。

美しい人は背中にも気を使う

美容に気を使っている人は、常に鏡を見て自分の姿をチェックしていることと思います。ヘアスタイルはどうか、肌質はどうか、昔のままのメイクをしていないか、ファッションはどうか、バランスのとれた体型をしているかなど、頭の上からつま先まで全身くまなく眺めるでしょう。でも、以外に背中まで気を使っている人は少ない気がします。後姿は見えにくいので、つい見過ごしがちに。姿勢が悪かったり、無駄な肉がついていたり、にきびができていたりなど。前から見たらとても素敵なのに、後ろから見たらちょっと残念、などと思われたら悲しいです。美容に気を使うときは前だけではなく、後姿にも同じように気を配りたいものです。

ハンドケアについての情報

© Copyright ハンドケアは美容に重要. All rights reserved.